catch-img

Facebook広告での集客活用の流れ・ポイント・特徴・注意点を解説

Facebook広告は、ターゲティング精度の高さや豊富な広告の種類によって、集客やリード獲得に効果のあるマーケティング手法です。

実際に、これからFacebook広告の運用を検討しているという方も多いでしょう。Facebook広告の特徴や配信方法、配信で失敗しないための注意点を解説していきます。

目次[非表示]

  1. 1.Facebook広告とは
  2. 2.Facebook広告の特徴
    1. 2.1.ターゲティング精度が高い
    2. 2.2.Facebook・Instagramユーザーだけに配信できる
    3. 2.3.リード獲得につながる
  3. 3.Facebook広告の種類
  4. 4.Facebook広告の配信先
  5. 5.Facebook広告を配信する際の注意点
    1. 5.1.広告ポリシーを守る
    2. 5.2.広告には審査がある
    3. 5.3.ターゲティングに失敗してしまう
  6. 6.悩んだ時はビジネスマッチングサイトがおすすめ
  7. 7.効率が良いリード獲得なら「アイミツ」!
    1. 7.1.毎月3,000件以上の発注案件
    2. 7.2.コンシェルジュが精査した質の高い案件をご提供
    3. 7.3.アポから受注まで手厚い営業サポート体制
  8. 8.まとめ

Facebook広告とは

まずは、Facebook広告とは何かを解説していきます。Facebookは世界中でユーザーを獲得しているSNSです。アクティブユーザーは月間23億人と言われており、実名登録が必要なことから、ビジネスを目的に利用しているユーザーが多いという特徴があります。

そのFacebookの利用者に対して配信される広告がFacebook広告です。また、現在は別のSNSであるInstagramにもFacebook広告を配信できるようになっています。


Facebook広告の特徴

ここからは、Facebook広告の特徴を解説していきます。Facebook広告が、Googleのリスティング広告などに代表される他の広告とどのように違うのかを理解できるでしょう。
以下では、ターゲティング精度と配信先、リード獲得という3つにわけてそれぞれ詳しく解説していきます。


ターゲティング精度が高い

Facebook広告の大きな特徴は、ターゲティング精度が高いことです。ターゲティングとは、ユーザーの情報や特性、興味関心などの条件を絞り込める機能を指します。絞り込むことで、届けたいユーザーに対して直接広告を届けやすいことが特徴です。

また、Facebook広告は機械学習を取り入れることで、配信している広告を自動で高いパフォーマンスに最適化してくれるという強みもあります。


Facebook・Instagramユーザーだけに配信できる

Facebook広告は、運営会社MetaのサービスであるFacebookとInstagramの中でのみ広告を配信できます。2つのプラットフォームのみでしか配信できないと聞くとデメリットに感じる方もいるかもしれません。

しかし、それぞれのSNSが持つ膨大なデータとユーザー数に対して効果の高い広告を配信できると考えると強みの方が大きいと言えるでしょう。多種多様な配信パターンや種類を配信できることも特徴なため、後ほど詳細を解説します。


リード獲得につながる

Facebook広告を活用することでリード獲得につながります。なぜなら、Facebookにはリード獲得のみに特化した広告の配信方法を選択できるからです。このリード獲得広告では、広告に反応したユーザーに対して氏名や連絡先などの見込み顧客として必要な情報をシンプルなフォーム入力画面で獲得が可能です。

一般的な広告では、広告をクリックした先にランディングページを作成して登録フォームを作成する必要がありましたが、Facebook広告ではその手間を省けます。


Facebook広告の種類

ここでは、Facebookで配信できる広告の種類を解説していきます。
Facebookで利用できる広告の主な種類は以下の4つです。


・画像広告
・動画広告
・カルーセル広告
・コレクション広告


それぞれの特徴を表にまとめましたのでご確認ください。


Facebook広告の種類

種類
特徴
画像広告
写真や画像を活用して広告を配信できるシンプルな種類です。
動画広告
動画を活用して目にとまりやすい広告を配信できる。Facebook独自の動画作成ツールを使って動画を作成可能。
カルーセル広告
最大10点までの画像や動画を配信できる広告です。それぞれに異なるリンクも設置できます。
コレクション広告
ユーザーに合わせて商品やサービスのコレクション広告を配信できる。メインの画像と動画を上部に、その他の画像を下部に4枚まで添付可能です。

それぞれ特徴の異なる広告の種類を活用することで、特定のユーザーに伝えたい情報を配信しやすくなっています。

Facebook広告の配信先

ここでは、Facebook広告の配信先を解説していきます。
Facebook広告を出稿できる配信先は主に以下の3種類です。


・フィード画面(タイムライン)
Facebookのフィード画面に表じされる広告です。

・右側広告枠
パソコンからの利用者向けに用意された右側広告枠に配信される広告です。

・ストーリーズ
フォロー中や友達のタイムラインに表示されるストーリーズの途中などに表示される広告です。

Facebook広告を配信する際の注意点

ここからは、Facebook広告を配信する際の注意点を解説していきます。リード獲得におすすめなFacebook広告ですが、運用の際は主に以下の3点には注意が必要です。

・広告ポリシーを守る
・広告には審査がある
・ターゲティングに失敗してしまう


それぞれ詳しく解説していきましょう。

広告ポリシーを守る

まずはFacebook広告で定められた広告ポリシーを守ることが大切です。違法性のある広告配信や差別的な広告などの一般的な広告ポリシーはもちろんですが、中には低品質なコンテンツの制限や動画の点滅などのFacebook広告ならではの禁止事項もあるため確認しておきましょう。
設定した広告がポリシーに準拠していない場合は、広告の配信ができない場合もあるため注意が必要です。


広告には審査がある

広告ポリシーの準拠は前述しましたが、配信するすべての広告は配信前に審査があります。この広告審査に通らなかった場合は広告を配信できないため注意が必要です。通常の広告審査では24時間以内に結果が出るとされており、審査が終了するまではFacebook広告のステータス画面が審査中のままとなります。

万が一、審査落ちしてしまった場合、再度広告を設定した上で審査を受ける必要があるため、広告運用の知識が少ない初心者には設定が難しい場合もあるため注意が必要です。


ターゲティングに失敗してしまう

最後の注意点は、Facebook広告のターゲティングに失敗してしまうことです。Facebook広告でターゲティングを設定せずに広告を配信すると、プラットフォーム上のさまざまな箇所に広告が配信されてしまいます。

その結果、設定した広告費用をすぐに消火してしまうことはもちろん、リード獲得などの目的を達成しにくくなってしまうため注意が必要です。
ターゲティング精度が強みのFacebook広告を活用するなら、広告運用の専門家に依頼することをおすすめします。


悩んだ時はビジネスマッチングサイトがおすすめ

Facebook広告は、ターゲティング精度の高さや豊富な広告の種類によって、集客やリード獲得に効果のあるマーケティング手法です。しかし、適切に運用することは容易ではありません。

そこで、おすすめしたいのが「ビジネスマッチングサイトの活用」です。ビジネスマッチングサイトなら、自社で営業活動をせずともリード獲得につなげられるだけでなく、多種多様な企業と取引できる可能性があるため、「コストや手間を抑えてリード獲得のきっかけを多く得たい」という方には特におすすめです。


効率が良いリード獲得なら「アイミツ」!

さまざまなビジネスマッチングサービスが活用されている中でも、国内でトップの訪問者数、17万件以上もの利用実績を誇るとして人気を集めているサービスが「アイミツ」です。

ここからは、ベンチャー企業から大手企業まで、業種問わず幅広く利用されているビジネスマッチングサービス「アイミツ」について紹介していきます。


アイミツロゴ

毎月3,000件以上の発注案件

ビジネスマッチングサービス「アイミツ」には、毎月3,000件以上もの発注案件が寄せられています。

「この案件は自社が受注したい」と思うものがあれば、応募してもらうだけでスムーズにアポイントを獲得できるのが人気なポイントです。なかなかアポイントを取れないとお悩みの場合にはうってつけでしょう。



コンシェルジュが精査した質の高い案件をご提供

毎月3,000件以上もの発注案件が寄せられている「アイミツ」ですが、案件の1つひとつはコンシェルジュによって精査されているのも心強いポイント。

案件の予算や納期、なぜ発注に至ったのか、発注先選定で重視したい項目などといった要望は綿密にヒアリングされているので、より依頼が具体的に固まっている案件のみご案内することが可能です。アポイントの発注確度にも優れています。



アポから受注まで手厚い営業サポート体制

「それだけ発注案件があっても、ちゃんと受注につながるの?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、「アイミツ」ならアポイントの獲得から受注に至るまでまとめてサポートしてもらえるから安心。

1社につき1人の専属サポーターがつき、発注者へのヒアリングや追客なども任せることが可能です。



まとめ

今回は、Facebook広告の特徴と広告を活用した集客やリード獲得のポイント、注意点を解説しました。魅力の多いFacebook広告ですが、設定方法や審査の知識が無い場合は、思うような効果を得られない場合もあるでしょう。

無駄なコストをかけたくないという方は、企業やサービス情報などを掲載し、発注先から案件の受注が可能な「アイミツCLOUD」がおすすめです。



アイミツ運営事務局
アイミツ運営事務局
日本最大級のビジネスマッチングサービス「アイミツ」を運営しているアイミツ運営事務局です。SEO対策やWEB広告の運用により発注企業様から月間3000件以上、累計170000件以上の発注相談・依頼をいただき、各相談・依頼に対してご掲載いただいている1000以上の受注企業様の中から適切な企業様をお繋ぎしております。当記事では集客が強みのアイミツ運営事務局が受注企業様に向けて営業・マーケティングに関するお役立ち情報を発信しております。サービス・運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは「お問い合わせをする」からお願い致します。

リード獲得・集客のお悩みについて

お気軽にご相談ください