catch-img

リード獲得に役立つリスト管理/活用方法とは?管理方法のポイントを解説

適切なリスト管理/活用方法を反映したリストは、リード獲得を効率的かつ効果的に狙う上で大きな武器となります。

今回は、リスト管理の重要性やリード獲得との関連性、リストを管理/活用するメリット、管理方法のポイントなどを解説するとともに、おすすめのリード獲得方法も合わせてご紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.リストの管理はなぜ重要?
    1. 1.1.効果的なリード獲得にリストは欠かせない
  2. 2.リストを管理/活用するメリット
    1. 2.1.効率的なマーケティングに役立つ
    2. 2.2.営業活動の質があがる
    3. 2.3.さまざまなシステムやソフトと連携できる
  3. 3.質の高いリストを作る管理方法のポイント
    1. 3.1.記載する情報を多くし過ぎない
    2. 3.2.リアルタイムで情報共有しやすい環境を整える
    3. 3.3.入力時の分かりやすさ・効率性を重視する
    4. 3.4.ツールを活用する
  4. 4.リストを活用してリード獲得を狙う際の注意点
  5. 5.リストの管理/運用に困った時はビジネスマッチングサイトがおすすめ
  6. 6.効率が良いリード獲得なら「アイミツ」!
    1. 6.1.毎月3,000件以上の発注案件
    2. 6.2.コンシェルジュが精査した質の高い案件をご提供
    3. 6.3.アポから受注まで手厚い営業サポート体制
  7. 7.まとめ

リストの管理はなぜ重要?

営業リスト/顧客リストとは、企業が営業活動を行う際に必要な顧客情報をまとめたリストのことです。
質の高いリストは、顧客情報を幅広い形で活用する際に役立つだけでなく、情報を確認・理解するための手間や時間を削減することにもつながるため、リスト管理は効率的なリード獲得のカギを握るといっても過言ではありません。


効果的なリード獲得にリストは欠かせない

リード獲得手法には、オンライン・オフラインでさまざまな手法が存在していますが、手法を問わず「ターゲット選定」や「ターゲットへのアプローチ」は欠かせません。この際、必要な情報を分かりやすくまとめたリストがあるのとないのとでは、効率や質が大きく左右されます。

顧客情報は企業にとって将来的な収益の元となる財産ですから、この財産を最大限有効活用するためにも、適切なリスト管理/活用方法を身に付けておくに越したことはありません。


リストを管理/活用するメリット

ここではリストの重要性を把握しやすいように、「リストを管理/活用する具体的な3つのメリット」を紹介します。

効率的なマーケティングに役立つ

見やすく、使いやすい形に管理されたリストは、顧客情報の確認がスムーズに行えるため影響活動を効率化できるメリットがあります。

特に「活用のしやすさ」まで考慮してリストを管理している場合、「見込みが高い顧客だけを抽出してアプローチする」「顧客を属性別に分けて異なるアプローチを実施する」といった無駄のない営業活動に応用しやすくなるため、限られた営業工数における生産性向上にも貢献してくれるでしょう。


営業活動の質があがる

営業リスト/顧客リストで管理する情報は、企業名・電話番号・担当者名といった属性関連の情報だけとは限りません。
その他にも、例えば「過去の接触履歴」「取引履歴」「案件の進捗状況」といった情報をリストに蓄積していくことで、営業担当者は過去の経緯を踏まえて適切なタイミングで適切なアプローチを実施しやすくなります。

もちろんこうした形でリストを有効活用するには、あらかじめ情報の蓄積・確認が容易に行えるようにリスト管理方法を定めておく必要があります。


さまざまなシステムやソフトと連携できる

営業活動は時代の流れとともに、従来主流だったDM・電話・訪問営業などのオフラインから、Webサイト運用・SNS運用・Web広告運用といったオンラインマーケティングへと移行しています。

リストについても同じようにオンラインマーケティングで活用する機会が増えているだけでなく、顧客管理システムや営業支援システムを通して活用される場面が増えているため、DX化を考慮したリスト管理体制を整えることは現代的なマーケティングに順応する上でも重要です。


質の高いリストを作る管理方法のポイント

質の高いリストを活用して効果的な営業活動を実現するためには、ベースとなるリストが適切に管理されている必要があります。そこでここからは、質の高いリスト作りのために押さえておきたい4つのポイントを順に解説します。

記載する情報を多くし過ぎない

顧客リストにはより多くの情報を記載したほうが活用の幅が広がるように感じるかもしれませんが、リストは「記録しやすく、取り出しやすく、見やすいこと」が非常に重要です。

したがって、「項目の必要性」「具体的な活用イメージ」などを明確にした上で、本当に必要な項目だけを設けるのがおすすめです。


リアルタイムで情報共有しやすい環境を整える

リストを最大限活用するためには、情報が新鮮であることが大切です。情報の鮮度が古いと、連絡先や担当者が変わっていた、過去の接触履歴が抜けていたなど、営業活動に支障をきたす可能性が高まるからです。

そのため、関係各所での共有のしやすさを考慮した上で、環境を問わず誰でも手軽に更新しやすいフォーマットを用意しましょう。


入力時の分かりやすさ・効率性を重視する

リストに記載されている項目の意味合いにばらつきがあると、見る人によって受け取り方が変わってしまうだけでなく、情報を抽出・整理する際にも支障をきたします。

したがって、設定項目は「誰でも分かりやすい項目名」を設定するとともに、イレギュラーが起こらないようプルダウンやチェックリスト式の入力フォーマットを取り入れるのもおすすめです。


ツールを活用する

適切なリスト管理をすべて自力で実現させるには時間や手間がかかるだけでなく、専門的なノウハウも求められます。

そこで、効率的かつ適切にリスト管理を実現するためにITツールを導入するのもひとつの手です。顧客管理システムなどの専用ツールでは、あらかじめ入力項目やフォーマットが用意されているだけでなく、操作性や更新のしやすさも考慮して設計されているため、内製化が難しい場合は検討してみましょう。


リストを活用してリード獲得を狙う際の注意点

リード獲得を狙う際には、リストに登録されている顧客を、属性や興味関心の高さ、温度感などでセグメントを分けてからアプローチすることが大切です。
例えば「過去に接点がない顧客」と「直近で資料請求を行った顧客」では、アプローチの仕方が異なるのは当然の話。

したがって、リストをもとに効率的なリード獲得へつなげるためには、リストに記載されている顧客に対して一斉に同様のアプローチを行うのではなく、まずはセグメントを分けて顧客を分類しましょう。
その上で「ネットに不慣れな顧客にはDMを出す」「直近で問い合わせがあった顧客には早い段階で電話によるアプローチを行う」など、顧客それぞれにマッチしたマーケティング手法を使い分けるように心がけましょう。


リストの管理/運用に困った時はビジネスマッチングサイトがおすすめ

質の高いリストはリード獲得において大きな武器となりますが、リスト管理や活用を適切な形で実現すること自体の難易度が高く、手間がかかるのも事実です。

ですが自社の情報(会社概要や提供サービス、実績など)を掲載するだけで見積もりや資料請求といった受注のきっかけを得られる「ビジネスマッチングサイト」なら、面倒なリストの収集、管理などに頭を悩ませることなくリード獲得を狙えます。

特に、リスト管理/活用のノウハウや経験が十分でないと感じている方にはおすすめですので、検討してみると良いでしょう。


効率が良いリード獲得なら「アイミツ」!

さまざまなビジネスマッチングサービスが活用されている中でも、国内でトップの訪問者数、17万件以上もの利用実績を誇るとして人気を集めているサービスが「アイミツ」です。

ここからは、ベンチャー企業から大手企業まで、業種問わず幅広く利用されているビジネスマッチングサービス「アイミツ」について紹介していきます。


アイミツロゴ

毎月3,000件以上の発注案件

ビジネスマッチングサービス「アイミツ」には、毎月3,000件以上もの発注案件が寄せられています。

「この案件は自社が受注したい」と思うものがあれば、応募してもらうだけでスムーズにアポイントを獲得できるのが人気なポイントです。なかなかアポイントを取れないとお悩みの場合にはうってつけでしょう。



コンシェルジュが精査した質の高い案件をご提供

毎月3,000件以上もの発注案件が寄せられている「アイミツ」ですが、案件の1つひとつはコンシェルジュによって精査されているのも心強いポイント。

案件の予算や納期、なぜ発注に至ったのか、発注先選定で重視したい項目などといった要望は綿密にヒアリングされているので、より依頼が具体的に固まっている案件のみご案内することが可能です。アポイントの発注確度にも優れています。



アポから受注まで手厚い営業サポート体制

「それだけ発注案件があっても、ちゃんと受注につながるの?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、「アイミツ」ならアポイントの獲得から受注に至るまでまとめてサポートしてもらえるから安心。

1社につき1人の専属サポーターがつき、発注者へのヒアリングや追客なども任せることが可能です。



まとめ

自社が持つ顧客リストを活用して効率的なリード獲得を狙うには、適切なリスト管理/活用が欠かせません。
とはいえお伝えしたとおり、リスト管理/活用にはいくつものポイントが存在するため、手間やコストを抑えてリード獲得を狙いたいならビジネスマッチングサイトの利用も視野に入れましょう。

​​​​​​​中でも「アイミツCLOUD」は、50以上のジャンルでマッチング可能なだけでなく、4,000を超える発注ユーザーを抱えるなど業種や商材を問わずリード獲得を狙える環境を整えているため、興味がある方はお気軽にお問い合わせください。



アイミツ運営事務局
アイミツ運営事務局
日本最大級のビジネスマッチングサービス「アイミツ」を運営しているアイミツ運営事務局です。SEO対策やWEB広告の運用により発注企業様から月間3000件以上、累計170000件以上の発注相談・依頼をいただき、各相談・依頼に対してご掲載いただいている1000以上の受注企業様の中から適切な企業様をお繋ぎしております。当記事では集客が強みのアイミツ運営事務局が受注企業様に向けて営業・マーケティングに関するお役立ち情報を発信しております。サービス・運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは「お問い合わせをする」からお願い致します。

リード獲得・集客のお悩みについて

お気軽にご相談ください