catch-img

マス広告を活用したリード獲得のメリット・デメリット・ステップを解説!

長年日本のビジネスを支えてきたマス広告は、現代においても未だ大きな影響力を持つ広告媒体。リード獲得の手法としてマス広告を検討している方もいるのではないでしょうか。

当記事では、リード獲得にマス広告を活用するメリット・デメリット・出稿方法や手順についてご紹介していきます。マス広告の利用にあたって特徴・特性を理解しておきたい方は、ぜひご参考下さい。

目次[非表示]

  1. 1.リードとは?リード獲得とは?
  2. 2.マス広告でリードを獲得するメリット・デメリット
    1. 2.1.テレビCM
    2. 2.2.ラジオ広告
    3. 2.3.新聞
    4. 2.4.雑誌
  3. 3.マス広告のリード獲得にかかる費用・相場
  4. 4.効率が良いリード獲得なら「アイミツ」!
    1. 4.1.毎月3,000件以上の発注案件
    2. 4.2.コンシェルジュが精査した質の高い案件をご提供
    3. 4.3.アポから受注まで手厚い営業サポート体制
  5. 5.まとめ

リードとは?リード獲得とは?

マス広告でのリード獲得を考えているのであれば、リード獲得がどのような施策であるのかを改めて理解しておくことが重要です。まずは用語の意味を確認しましょう。

・リード:見込み客のこと
・リード獲得:見込み客を見つける施策のこと

将来的に受注に繋がるような客を見つけてくる施策のことを、リード獲得と言います。営業施策・マーケティング施策など、オンライン・オフライン含めてさまざまな施策があります。


マス広告でリードを獲得するメリット・デメリット

マス広告とは、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌の4大マスメディアに掲載される、大多数の群衆・大衆に向けて発信される広告のことです。
ここでは、各媒体別に概要・特徴・メリット・デメリット・リード獲得への活用方法について解説します。


テレビCM

テレビCMとは、テレビ番組の途中に放送することができるマス広告です。テレビ番組視聴者に対して訴求を行うことでさまざまな広告効果を発揮できます。

視聴者数が圧倒的に多いため数多くの人々にリーチでき、媒体の特性としての到達率・映像と音声による訴求力・信頼性の高さが大きなメリットです。

インターネット広告のように細かい指標を用いた計測ができないことや、出稿コストが非常に高額であることがデメリットとしてあげられます。

テレビ広告は、マス広告のなかでも最も高いリーチ数・訴求力を誇る媒体。ターゲット層を意識して、広告の内容・時間帯・曜日を検討することが広告効果を発揮するポイントです。


ラジオ広告

ラジオ広告(CM)とは、ラジオ番組の放送中に流れるマス広告です。時間帯により視聴者が分かれているため、リーチしたいターゲット層に適した番組に出稿を行うことで効果的な訴求ができます。

一定数のファンが存在するため他の媒体ではリーチできない層に訴求できることや、スキップされずに広告を聴いてもらいやすいことがメリットです。広告費に関しても比較的リーズナブルと言えます。

一方で音声のみでの訴求となるため情報慮が少ないことや、他のマス広告と比べて視聴者層が限定されることがデメリットとして挙げられます 

ラジオの視聴者は、車の運転・仕事や作業などを行いながら視聴することが習慣化している方が多いことが特徴。繰り返し広告を流すことで訴求内容を印象付けるのに適しています。


新聞

新聞広告とは、新聞の誌面に掲載されるマス広告です。全国に多数存在する新聞購読者にリーチが可能です。

購読者数が圧倒的に多く、媒体の性質として信頼性・公共性・正確性が高い媒体です。中高年以上の読者へのアプローチには特に適しており、リードタイムも短く的確なタイミングで広告を打てます。

一方で新聞購読者にしかリーチできないため、購読率が低い若年層へのアプローチにはやや不向きです。広告掲載料が高額であることもネックになる場合があります。

新聞広告でリード獲得を成功させるには、購読者数の多さや信頼性の高さといったメリットを活かした訴求を行うことがポイントです。


雑誌

雑誌広告とは、雑誌の誌面・裏表紙等の広告枠に掲載されるマス広告です。定期刊行物であり広域・全国に展開されているため、多くの人々に広告をリーチできます。

クリエイティブ性に優れた広告により高い訴求力を発揮でき、読者に保管されやすいため何度も訴求できることは大きなメリットです。

一方で読者層が偏るためターゲットが狭いことや、リードタイムが長いことや掲載コストも新聞より高額です。

雑誌広告によるリード獲得は、媒体選び・クリエイティブ性の発揮が成果に繋げるポイントです。


マス広告のリード獲得にかかる費用・相場

リード獲得にマス広告の活用を検討している方は、どのくらいの費用が必要となるのかを把握しておく必要があります。 以下は、マス広告の各媒体への掲載費用の目安・相場です。

・テレビCM 15秒×1本:40万円~(制作費別)
・ラジオCM 20秒×1本:5~10万円(制作費別)
・雑誌 カラー1ページ:100~200万円
・新聞 全5段:1千万~2千万円


効率が良いリード獲得なら「アイミツ」!

ここまでマス広告について解説してきましたが、大きな効果が期待できる反面、以下のように広告掲載費用は非常に高く設定されています。
ご検討される中で、広告掲載料が懸念点に上がる場合もあるのではないでしょうか。
そのような場合、コストを抑えて効率が良いリード獲得ができる、ビジネスマッチングサービスがおすすめです。

さまざまなビジネスマッチングサービスが活用されている中でも、国内でトップの訪問者数、17万件以上もの利用実績を誇るとして人気を集めているのが「アイミツ」です。ここからは、ベンチャー企業から大手企業まで業種問わず幅広く利用されているビジネスマッチングサービス「アイミツ」について紹介していきます。




毎月3,000件以上の発注案件

ビジネスマッチングサービス「アイミツ」には、毎月3,000件以上もの発注案件が寄せられています。

「この案件は自社が受注したい」と思うものがあれば、応募してもらうだけでスムーズにアポイントを獲得できるのが人気なポイントです。なかなかアポイントを取れないとお悩みの場合にはうってつけでしょう。



コンシェルジュが精査した質の高い案件をご提供

毎月3,000件以上もの発注案件が寄せられている「アイミツ」ですが、案件の1つひとつはコンシェルジュによって精査されているのも心強いポイント。

案件の予算や納期、なぜ発注に至ったのか、発注先選定で重視したい項目などといった要望は綿密にヒアリングされているので、より依頼が具体的に固まっている案件のみご案内することが可能です。アポイントの発注確度にも優れています。



アポから受注まで手厚い営業サポート体制

「それだけ発注案件があっても、ちゃんと受注につながるの?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、「アイミツ」ならアポイントの獲得から受注に至るまでまとめてサポートしてもらえるから安心。

1社につき1人の専属サポーターがつき、発注者へのヒアリングや追客なども任せることが可能です。



まとめ

従来からビジネスの広告宣伝活動に用いられてきたマス広告は、認知度・知名度が非常に高く多くの人にリーチできるのが特徴です。

ネット広告が成長してきた現代においても、未だ高い広告効果を発揮することができます。 ただし、マス広告は掲載料が高額であるため、容易に活用できないことが大きなデメリット。

国内トップクラスのBtoBマッチングプラットフォームであるアイミツであれば、コストを抑えつつ効率的にリードを獲得することができるため、ぜひご検討下さい。

​​​​​​​



アイミツ運営事務局
アイミツ運営事務局
日本最大級のビジネスマッチングサービス「アイミツ」を運営しているアイミツ運営事務局です。SEO対策やWEB広告の運用により発注企業様から月間3000件以上、累計170000件以上の発注相談・依頼をいただき、各相談・依頼に対してご掲載いただいている1000以上の受注企業様の中から適切な企業様をお繋ぎしております。当記事では集客が強みのアイミツ運営事務局が受注企業様に向けて営業・マーケティングに関するお役立ち情報を発信しております。サービス・運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは「お問い合わせをする」からお願い致します。

リード獲得・集客のお悩みについて

お気軽にご相談ください