catch-img

Twitter広告とは?集客やリード獲得に活用する方法を解説

オンラインを活用したリード獲得を目指す方なら、Twitter広告の活用を検討している方も多いでしょう。Twitter広告を有効に活用してリードを獲得するためには、広告の特徴や種類を理解しておく必要があります。

そこでこの記事では、Twitter広告の特徴やリードを獲得するためにポイントを解説していきます。

目次[非表示]

  1. 1.Twitter広告とは
  2. 2.Twitter広告の特徴
    1. 2.1.拡散されやすい
    2. 2.2.ターゲティング精度が高い
  3. 3.Twitter広告の種類
    1. 3.1.プロモツイート
    2. 3.2.トレンドテイクオーバー
    3. 3.3.プロモアカウント
  4. 4.Twitter広告の効果を高めるポイント
    1. 4.1.検索では調べられない感情を意識する
    2. 4.2.細かくターゲティングを設定する
    3. 4.3.定期的に施策を見直す
  5. 5.まとめ

Twitter広告とは

Twitter広告とは、Twitterのタイムライン上や検索結果、トレンドなどに表示される広告のことを指します。
2017年時点で月間アクティブユーザー数は4,500万人と発表されており、10〜30代を中心に支持されているSNSの1つです。140文字と短い文章の制限はありますが、その分気軽に投稿でき、リアルタイムで情報やトレンドが拡散、更新されることが大きな特徴です。


Twitter広告の特徴

アクティブユーザー数が多く、メインユーザーの年齢層も若いTwitterですが、Twitter広告のメインの利点はそこではありません。ここではTwitter広告ならではの特徴を具体的に解説します。

拡散されやすい

Twitterの一番の特徴はその拡散力です。ツイートされた広告は以下のような方法で拡散されます。

リツイート
ユーザーが広告ツイートをそのユーザーのアカウントで改めてツイートすることでタイムラインに新しく広告が表示される。

いいね
ユーザーが広告にいいねをすることで、そのユーザーのフォロワーのタイムラインに優先的に表示される。

拡散されたTwitter広告からは広告料がかからないため、一度広く拡散されれば少ない広告費でも、高い広告効果が得られるでしょう。


ターゲティング精度が高い

Twitter広告では、より広告効果を高めるためにさまざまなターゲティングツールが用意されています。Twitterのターゲティングでは、これらの要素などを含むユーザーをピンポイントに選択、アプローチが可能です。

・オーディエンス特性:ユーザーの地域、言語、端末、年齢、性別
・オーディエンスタイプ:日常のツイートや興味関心、フォロワー、検索ワード

以上の項目はカスタムオーディエンス機能で選択できます。


Twitter広告の種類

Twitterの広告では、タイムライン上に表示されるプロモツイート以外にも、プロモトレンドやプロモアカウントと呼ばれる広告形態があります。ここでは、それら3種類の広告について解説します。

プロモツイート

プロモツイートとは、普段ユーザーが主に閲覧しているタイムライン上に表示される広告です。プロモツイートは他のツイートと同じく返信やいいね、リツイートなど、ほかのユーザーからのアクションが可能な拡散される可能性が比較的高い広告です。

広告であることを明示するためにプロモツイートにはツイートの下に「プロモーション」と記載されますが、他は通常のツイートと同様に表示、リアクションできます。


トレンドテイクオーバー

トレンドテイクオーバーは、24時間Twitterのトレンド画面、タイムライン、プロフィールの上部に表示される広告です。さらに、トレンドのハッシュタグを検索またはクリックされた際の検索結果のトップに特定のツイートを表示させることもできます。

新商品の発売や大きなイベント開催に合わせ大々的なプロモーションを実施する際に、その認知度や興味関心を最大限に引き上げるツールとしておすすめです。


プロモアカウント

プロモアカウントは、フォロワーの獲得を目的とした広告で、タイムライン上などにおすすめユーザーとして表示されます。ここで表示される広告は「フォローする」のアクションボタンがついているため、フォローまでのハードルが少ないことも大きな魅力です。

企業や特定の事業の公式アカウントはただ運用するだけでは認知度の向上や広告効果は見込めません。プロモアカウントを活用し、フォロワーを増やすことで、その後の広告効果の向上につながります。


Twitter広告の効果を高めるポイント

Twitter広告はその拡散力の強さやアクティブユーザーの多さなど魅力の多い広告媒体です。ここでは、Twitter広告の効果を高めるために欠かせないポイントを解説していきます。

検索では調べられない感情を意識する

Twitterでは、WebやSNSで検索されるキーワードやハッシュタグ、膨大な情報よりも、ユーザーの思考や感情、思想に関する簡潔な文章や会話が優位なSNSです。

そのため、短い文章の中でも情報に偏らず、感情や考え方、悩みなどに共感できるような広告が好まれます。

広告の目的やターゲットに合わせ、普段の検索上位ワードを意識するだけでなく、ターゲットが共感できる広告を作成しましょう。


細かくターゲティングを設定する

広告に限らず、サービスや商品などにも言えることですが、ターゲットは必ず明確にしましょう。誰にでも受け入れられることを主体としてしまうと、どの層にも響かない広告になってしまいます。

広告を作成する際のペルソナ設定は、性別や年代、仕事だけでなく、興味関心や悩み、周囲の状況などをできるだけ細かく設定したターゲットを2~3人設定し、Twitter広告のターゲティングツールを適切に活用することで、確実にユーザー獲得が可能です。


定期的に施策を見直す

定期的、もしくは継続して広告掲載する場合は、施策の見直しは必須です。目標と結果の差やその詳細、広告やサービスの内容、その時期の社会情勢も合わせて詳細に見直しましょう。ペルソナ設定そのものが的確かどうか分析することも大切です。

成功した手法に依存してしまうと、それ以上が見込めないだけでなく、広告効果の低下にもつながります。社内だけの見直しは時として簡単ではありません。

その際は、広告代理店などの専門家やお客様へのアンケートなどを通して広告をブラッシュアップしましょう。


まとめ

今回は、Twitter広告を使ったリード獲得手法を紹介しました。Twitter広告にはさまざまな種類があるため、効果を高めるためには目的にあわせた方法を選択することが重要です。最低限の知識や運用ノウハウが必要だといえるでしょう。

​​​​​​​ビジネスマッチングサイト「アイミツCLOUD」は、情報を掲載するだけで多くの検索ユーザーからのリード獲得を目指せる方法です。オンラインを使ってリード獲得を目指しているという方はお気軽にお問い合わせください。




アイミツ運営事務局
アイミツ運営事務局
日本最大級のビジネスマッチングサービス「アイミツ」を運営しているアイミツ運営事務局です。SEO対策やWEB広告の運用により発注企業様から月間3000件以上、累計170000件以上の発注相談・依頼をいただき、各相談・依頼に対してご掲載いただいている1000以上の受注企業様の中から適切な企業様をお繋ぎしております。当記事では集客が強みのアイミツ運営事務局が受注企業様に向けて営業・マーケティングに関するお役立ち情報を発信しております。サービス・運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは「お問い合わせをする」からお願い致します。

リード獲得・集客のお悩みについて

お気軽にご相談ください