catch-img

WEB広告でリードを獲得するメリット・デメリット・手順を解説!

リード獲得は、企業がマーケティング・セールスを行うにあたって非常に重要となるプロセスです。より多くのリードを獲得するために、WEB広告の活用を検討している方もいるのではないでしょうか。

当記事では、リード獲得の概要・概念から、実際にWEB広告を活用してリードを獲得する方法についてご紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.リード獲得とは?
  2. 2.WEB広告の種類・特徴・メリット・デメリット
    1. 2.1.リスティング広告
    2. 2.2.ディスプレイ広告
    3. 2.3.SNS広告
    4. 2.4.動画広告
  3. 3.WEB広告のリード獲得件数・単価の目安
  4. 4.効率が良いリード獲得なら「アイミツ」!
    1. 4.1.毎月3,000件以上の発注案件
    2. 4.2.コンシェルジュが精査した質の高い案件をご提供
    3. 4.3.アポから受注まで手厚い営業サポート体制
  5. 5.まとめ

リード獲得とは?

リード獲得(リードジェネレーション)とは、リード(見込み客)を獲得するマーケティング施策のことです。

顧客数を増やして案件を受注することを主な目的としています。主な施策には、オンラインではWEB広告・コンテンツマーケティング・SNS運用、オフラインではセミナー・展示会・DM等があります。

自社の商品・サービスを認知していないけれども将来的な顧客となりそうなターゲット層を探し出し、社名・氏名・電話番号・メールアドレスといった今後のアプローチを行うための情報を取得します。リードの獲得後は、リード育成・リード選別というプロセスを経てセールス領域へと引き渡しを行います。


WEB広告の種類・特徴・メリット・デメリット

WEB広告とは、インターネット上に出稿できる有料の広告媒体。リード獲得に活用されるWEB広告には、以下のような種類があります。

・リスティング広告
・ディスプレイ広告
・SNS広告
・動画広告

以下に、各種WEB広告の概要特徴から、リード獲得に活用するメリット・デメリット、活用のステップを解説します。


リスティング広告

リスティング広告とは、ユーザーが検索エンジンに入力したキーワードに連動して表示される広告で、検索連動型広告とも呼ばれます。 

キーワードとユーザー属性をターゲティングすることで、自社の商品・サービスに関心が高いユーザーに絞って広告を配信することができるため、リード獲得のアプローチに最適です。予算を使うことですぐに広告を出稿できるため即効性が高く、顕在層を効率的に集めることができるのが最大のメリットです。

デメリットは広告の設定・運用には一定レベル以上のスキルが必要で、パフォーマンスを求めるには運用リソースも投下する必要もあります。

リスティング広告は少額から出稿することが可能であり、費用対効果をすべて数字で把握することができるため、コストパフォーマンスが高いのが特徴です。検証・改善を重ねることで効率的にリードを獲得していくことができます。


ディスプレイ広告

ディスプレイ広告とは、Webサイト・アプリ等の広告枠に表示される広告です。主にバナー画像が用いられることからバナー広告とも呼ばれます。

さまざまな媒体に一括で広告を出稿できるアドネットワークの活用により、潜在層を含むさまざまなユーザーにリーチ可能です。また、リターゲティングによるトラッキングにより見込客へ効果的にアプローチができます。

デメリットはリード獲得においてコストパフォーマンスを発揮するには、広告クリエイティブ・配信設定を常に見直して細かい運用を行う必要があります。

ディスプレイ広告は見込客へのアプローチに適した特性を持つため、リード獲得には欠かせないWEB広告のひとつです。ターゲティングと配信先の選定がリード獲得で成果を出すためのポイントです。


SNS広告

SNS広告とは、Facebook・Twitter・Instagram等のSNSプラットフォーム上の広告枠に表示されるWEB広告です。

ユーザー情報を活用した高精度なターゲティングを行えることや、豊富なフォーマットを活用できること、潜在顧客へのリーチに適していることが大きなメリットです。

細かく運用しないと成果に結びつきにくいことや、高めの年齢層へのリーチが難しいことがデメリットです。

ターゲットを明確化すること、広告クリエイティブをこまめに差し替えて鮮度を保つことが、SNS広告で成果を高めるためのポイントです。


動画広告

動画広告とは、動画配信サイトに掲載されるWEB広告です。代表的な媒体はYouTubeのインストリーム広告です。

映像と音声による高い訴求力・豊富な情報量を持つのが大きなメリットで、ユーザーの印象にも残りやすく、企業PRから商品・サービスの概要・機能の紹介まで幅広く活用できます。

デメリットは動画を撮影・編集する必要があるため、他のWeb広告よりも時間・労力がかかります。PDCAを回す負担も大きいWEB広告です。 

動画広告でパフォーマンスを高めるには、撮影した動画にテロップやBGMを加えて、分かりやすく伝わりやすい動画へと仕上げることがポイントとなります。


WEB広告のリード獲得件数・単価の目安

リード獲得単価(CPL)とは、1件あたりのリードを獲得するために必要となる平均コストのことです。

WEB広告は有料の広告媒体であるため、リード獲得に活用する際にはコストを意識する必要があります。

WEB広告のリード獲得単価の相場は、5,000円~1万円程度です。CPLは利用する広告媒体やリードの質にも左右されますが、相場の金額は施策を実施する際の目安となるため、まずは相場の範囲内に収めることを目標にしましょう。


効率が良いリード獲得なら「アイミツ」!

ここまでWEB広告について解説してきましたが、見込み顧客の獲得にはビジネスマッチングサービスも有効な手段です。
中でも、国内でトップの訪問者数、17万件以上もの利用実績を誇るとして人気を集めているのが「アイミツ」です。

ここからは、ベンチャー企業から大手企業まで業種問わず幅広く利用されているビジネスマッチングサービス「アイミツ」について紹介していきます。




毎月3,000件以上の発注案件

ビジネスマッチングサービス「アイミツ」には、毎月3,000件以上もの発注案件が寄せられています。

「この案件は自社が受注したい」と思うものがあれば、応募してもらうだけでスムーズにアポイントを獲得できるのが人気なポイントです。なかなかアポイントを取れないとお悩みの場合にはうってつけでしょう。



コンシェルジュが精査した質の高い案件をご提供

毎月3,000件以上もの発注案件が寄せられている「アイミツ」ですが、案件の1つひとつはコンシェルジュによって精査されているのも心強いポイント。

案件の予算や納期、なぜ発注に至ったのか、発注先選定で重視したい項目などといった要望は綿密にヒアリングされているので、より依頼が具体的に固まっている案件のみご案内することが可能です。アポイントの発注確度にも優れています。



アポから受注まで手厚い営業サポート体制

「それだけ発注案件があっても、ちゃんと受注につながるの?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、「アイミツ」ならアポイントの獲得から受注に至るまでまとめてサポートしてもらえるから安心。

1社につき1人の専属サポーターがつき、発注者へのヒアリングや追客なども任せることが可能です。



まとめ

状況に合わせてコントロールができるWEB広告は、オンラインでのリード獲得に非常に適した方法。

ターゲティング精度も高く即効性があるため、効率的にリードを獲得していくことが可能です。

ただし、WEB広告で成果を出すにはきめ細やかな運用を行うことが必須。運用リソースの確保が難しい場合は、媒体への掲載やコンシェルジュによるマッチングでのリード獲得が期待できる、アイミツがおすすめです。
リード獲得を強化したい方は、WEB広告と併せてぜひアイミツCLOUDへの掲載もご検討下さい。


​​​​​​​



アイミツ運営事務局
アイミツ運営事務局
日本最大級のビジネスマッチングサービス「アイミツ」を運営しているアイミツ運営事務局です。SEO対策やWEB広告の運用により発注企業様から月間3000件以上、累計170000件以上の発注相談・依頼をいただき、各相談・依頼に対してご掲載いただいている1000以上の受注企業様の中から適切な企業様をお繋ぎしております。当記事では集客が強みのアイミツ運営事務局が受注企業様に向けて営業・マーケティングに関するお役立ち情報を発信しております。サービス・運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは「お問い合わせをする」からお願い致します。

リード獲得・集客のお悩みについて

お気軽にご相談ください