catch-img

ホワイトペーパーとは?作成から活用までの流れを解説【2022年最新版】

製品やサービスの特徴や強みをまとめた「ホワイトペーパー」。20年ほど前からビジネスの場面でも使われるようになり、今やコンテンツマーケティングの主力コンテンツの一つとなっているため、「自社でも作成したい」と思う方が多いでしょう。

この記事では、ホワイトペーパーとは何かといった基本的なところから、具体的な作成方法、活用方法まで解説します。

目次[非表示]

  1. 1.そもそもホワイトペーパーってなに?
    1. 1.1.もともとは政府や公的機関の年次報告書
    2. 1.2.サービス資料との違い
    3. 1.3.ホワイトペーパーの内容
  2. 2.ホワイトペーパーの作成方法
    1. 2.1.解決できる課題を洗い出す
    2. 2.2.ターゲットの選定
    3. 2.3.ホワイトペーパーのストーリーを描く
    4. 2.4.全体の構成を決める
    5. 2.5.ライティングとデザインを固める
  3. 3.ホワイトペーパーの活用方法
    1. 3.1.Webサイトに掲載する
    2. 3.2.SNSで告知する
    3. 3.3.メールで配信する
  4. 4.悩んだ時はビジネスマッチングサイトがおすすめ
  5. 5.効率が良いリード獲得なら「アイミツ」!
    1. 5.1.毎月3,000件以上の発注案件
    2. 5.2.コンシェルジュが精査した質の高い案件をご提供
    3. 5.3.アポから受注まで手厚い営業サポート体制
  6. 6.まとめ

そもそもホワイトペーパーってなに?

「そもそもホワイトペーパーとは?」という方もいると思います。ここではホワイトペーパーの概要を見ていきましょう。

もともとは政府や公的機関の年次報告書

ホワイトペーパーを直訳すると「白書」。政府の「経済財政白書」「防衛白書」などを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。ホワイトペーパーは、もともとは、政府や公的機関の年次報告書といった意味合いのものでした。

20年ほど前からマーケティング用語としても用いられており、企業や個人が解決すべき課題と課題解決に役立つ情報がまとめられた資料やレポートのことをホワイトペーパーと言っています。


サービス資料との違い

ホワイトペーパーとよく似たものに、営業資料やサービス資料があります。営業資料やサービス資料は、どういったサービスなのかといったサービスの概要や特徴、搭載している機能、料金などです。

一方、ホワイトペーパーに記載されているのは、より顧客目線に立った情報です。ホワイトペーパーにはユーザーの興味や関心、課題がまとめられており、それぞれに適した自社ソリューションの紹介などの情報が記載されています。


ホワイトペーパーの内容

ホワイトペーパーと一口に言っても、特定のテーマに興味関心があるユーザーのためのホワイトペーパーや潜在顧客を掘り起こすためのもの、商品やサービスを比較検討するためのものまで数多くの種類があります。

たとえば、特定のテーマに興味関心があるユーザーのためのホワイトペーパーは、入門ガイドや用語集などです。潜在顧客を掘り起こすために、アンケートや独自調査の結果を基にしたホワイトペーパーもあります。


ホワイトペーパーの作成方法

初めてホワイトペーパーを作成する方の多くはどのように作成したらいいか分からないと思います。そこで、ホワイトペーパーの作成方法をお伝えします。

解決できる課題を洗い出す

ホワイトペーパーを作成する際、まず行うことは、自社のサービスや製品を利用することで顧客がどのような課題を解決できるのかを洗い出すことです。解決できる課題がなければ、問い合わせにはつながらないでしょう。

さらに、課題は企業によってまったく異なります。そのため、課題を洗い出す際にはできるだけ詳細にピックアップすることが重要です。


ターゲットの選定

次に、そのホワイトペーパーは誰に向けたものなのか、ターゲットを明確にしましょう。どのようなターゲットに向けたものなのかによって、ホワイトペーパーの方向性や表現方法が異なるからです。

ターゲットを明確にする際は、年齢や性別といった基本的なことはもちろん、どこに住んでいるか、どんな仕事をしているか、休日はどのようにして過ごすのかなど、より細かく設定しましょう。


ホワイトペーパーのストーリーを描く

解決できる課題とターゲットの明確化ができたら次に、ホワイトペーパーのストーリーを描いていきましょう。

最初のページから最後のページに至るまで、どのような展開でどのような内容を伝えるのかといった全体の流れを決めていきます。ストーリーが描けたら必ず、読者目線で読み直すようにしましょう。


全体の構成を決める

次に、ストーリーに沿って、全体の構成を決めていきましょう。ストーリーを決める際とは異なり、ここでは、どのような文章をどこに掲載するのか、イラストや図表はどこにどのように掲載するのかといった詳細まで詰めていきます。

この段階でスムーズに全体の構成が決められない場合、ストーリーに無理がある可能性もあります。


ライティングとデザインを固める

最後に、ライティングとデザインを固めましょう。タイトル、文章、使用するイラストや図表のデザインを決めていきます。

ここで重要なのは、文章やデザインのテイストを設定したターゲットに合わせることです。ターゲットから見て、刺さるキャッチコピーになっているか、文章は分かりやすいか、イラストや図表は見やすいか、などを意識しましょう。


ホワイトペーパーの活用方法

制作したホワイトペーパーはどのように活用すればいいのでしょうか。ここでは、ホワイトペーパーの活用方法をお伝えします。

Webサイトに掲載する

ホワイトペーパーを作成できたら、まずは自社のホームページで公開しましょう。ホームページに掲載する場合、別途費用がかかることはありません。とはいえ、ホームページに掲載したからと言って、必ず見てもらえるというものではありません。

ユーザーは自身にメリットがあると分かって初めて、アクションを起こしてくれます。プレスリリースを配信するなど、積極的にホワイトペーパーの存在をアピールしていきましょう。


SNSで告知する

自社ホームページにホワイトペーパーを掲載したら、そのことを多くの人に知ってもらう必要があります。

周知させる方法はさまざまありますが、特に効果的なのはSNSの自社アカウントでの告知です。SNSの自社アカウントのフォロワーはもともと、自社に興味を持っているユーザーです。告知すれば高い確率で見てもらえるでしょう。
SNS広告を効果的に活用することで宣伝効果はより大きくなります

​​​​​​​

メールで配信する

積極的にメールマーケティングにもホワイトペーパーを活用しましょう。メールマーケティングにホワイトペーパーを活用することには、見込み客をホワイトペーパーに誘導できる、すでに商品やサービスに関心のある顧客の関心をより高められる、などのメリットがあります。

さらに配信したメールの開封率、未開封率などを分析することで、今後のメールマーケティングの方針にも活かせるでしょう。


悩んだ時はビジネスマッチングサイトがおすすめ

見込み顧客の獲得を目的としたコンテンツマーケティングにおいて、ホワイトペーパーは今や主力コンテンツの一つとなっているため、「自社でも作成したい」と思う方が多いでしょう。
適切に活用することができれば効果のあるマーケティング活動ができます。しかし、作成に時間を要すること、活用には一定のノウハウが必要なことを考えると容易ではありません。

そこで、おすすめしたいのが「ビジネスマッチングサイトの活用」です。ビジネスマッチングサイトなら、自社で営業活動をせずともリード獲得につなげられるだけでなく、多種多様な企業と取引できる可能性があるため、「コストや手間を抑えてリード獲得のきっかけを多く得たい」という方には特におすすめです。


効率が良いリード獲得なら「アイミツ」!

さまざまなビジネスマッチングサービスが活用されている中でも、国内でトップの訪問者数、17万件以上もの利用実績を誇るとして人気を集めているサービスが「アイミツ」です。

ここからは、ベンチャー企業から大手企業まで、業種問わず幅広く利用されているビジネスマッチングサービス「アイミツ」について紹介していきます。


アイミツロゴ

毎月3,000件以上の発注案件

ビジネスマッチングサービス「アイミツ」には、毎月3,000件以上もの発注案件が寄せられています。

「この案件は自社が受注したい」と思うものがあれば、応募してもらうだけでスムーズにアポイントを獲得できるのが人気なポイントです。なかなかアポイントを取れないとお悩みの場合にはうってつけでしょう。



コンシェルジュが精査した質の高い案件をご提供

毎月3,000件以上もの発注案件が寄せられている「アイミツ」ですが、案件の1つひとつはコンシェルジュによって精査されているのも心強いポイント。

案件の予算や納期、なぜ発注に至ったのか、発注先選定で重視したい項目などといった要望は綿密にヒアリングされているので、より依頼が具体的に固まっている案件のみご案内することが可能です。アポイントの発注確度にも優れています。



アポから受注まで手厚い営業サポート体制

「それだけ発注案件があっても、ちゃんと受注につながるの?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、「アイミツ」ならアポイントの獲得から受注に至るまでまとめてサポートしてもらえるから安心。

1社につき1人の専属サポーターがつき、発注者へのヒアリングや追客なども任せることが可能です。



まとめ

ホワイトペーパーの重要性は理解できても、自社で作成している時間がないという方や自社だけで作成するのは不安という方もいます。そういった方が数多く利用しているサービスがアイミツです。

「アイミツ」であれば、コンシェルジュや専属のサポーターによる支援によってアポイントの獲得から受注までスムーズに進みます。効率的にリードを獲得できるビジネスマッチングサービスをお探しなら、ぜひ「アイミツ」を活用してみてください。



アイミツ運営事務局
アイミツ運営事務局
日本最大級のビジネスマッチングサービス「アイミツ」を運営しているアイミツ運営事務局です。SEO対策やWEB広告の運用により発注企業様から月間3000件以上、累計170000件以上の発注相談・依頼をいただき、各相談・依頼に対してご掲載いただいている1000以上の受注企業様の中から適切な企業様をお繋ぎしております。当記事では集客が強みのアイミツ運営事務局が受注企業様に向けて営業・マーケティングに関するお役立ち情報を発信しております。サービス・運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは「お問い合わせをする」からお願い致します。

リード獲得・集客のお悩みについて

お気軽にご相談ください