catch-img

アウトバウンド(テレアポ)は効率が良いの? 他のリード獲得方法も紹介!

アウトバウンド(テレアポ)でのリード獲得に興味がある方に向けて、アウトバウンドの種類やメリット・デメリット、始める際に必要な準備や期間などを解説するとともに、おすすめのリード獲得方法も合わせてご紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.アウトバウンド(テレアポ)とは
  2. 2.アウトバウンド(テレアポ)の種類
    1. 2.1.BDR
    2. 2.2.SDR
  3. 3.アウトバウンド(テレアポ)のメリット
    1. 3.1.BDRのメリット
    2. 3.2.SDRのメリット
  4. 4.アウトバウンド(テレアポ)のデメリット
    1. 4.1.BDRのデメリット
    2. 4.2.SDRのデメリット
  5. 5.アウトバウンド(テレアポ)を始める際に必要な準備や期間
    1. 5.1.BDRに必要な準備や期間
    2. 5.2.SDRの必要な準備や期間
  6. 6.ビジネスマッチングサービス「アイミツ」とは?
    1. 6.1.毎月3,000件以上の発注案件
    2. 6.2.コンシェルジュが精査した質の高い案件をご提供
    3. 6.3.アポから受注まで手厚い営業サポート体制
  7. 7.まとめ

アウトバウンド(テレアポ)とは

アウトバウンドとは「電話を発信する業務」の総称で、その代表格がテレアポです。

テレアポでは、個人や法人に電話をかけて商品・サービスの案内をはじめとした営業活動を行うのが一般的ですが、電話を受ける業務を指す「インバウンド」とは真逆で、自発的に顧客へアプローチするのがアウトバウンドの大きな特徴です。


アウトバウンド(テレアポ)の種類

アウトバウンドは主に以下2種類に分類されます。

・BDR(新規開拓型)
・SDR(反響型)

ここから、それぞれの概要やどんな人に向いているかを解説しますので、順にチェックしてみてください。

BDR

BDR(business development representative)は、新規開拓型に分類される手法で、これまで自社を利用したことのないユーザーにアプローチし、新規顧客獲得を目指すのが大きな特徴です。

自社がターゲットにする企業や個人を自由に選定してアプローチできるため、計画的に販路を拡大したい場合や特定の条件にマッチするターゲットとの取引を獲得したい場合などにおすすめです。



SDR

SDR(sales development representative)は、反響型に分類される手法で、あらかじめ展示会や広告宣伝などの仕掛けを行った後に電話やメールでアプローチを実施します。

接点のない顧客へいきなりアプローチするBDRと異なり、SDRは事前に仕掛けを行った上で、興味を持った「見込み顧客」に更なるアプローチを行うため、複数のマーケティングを組み合わせて実施している企業などにおすすめです。



アウトバウンド(テレアポ)のメリット

アウトバウンド(テレアポ)のメリットを、BDR・SDRそれぞれの手法に分けてご紹介します。

BDRのメリット

BDRはテレアポをはじめとした「自社からのアプローチ」が営業活動の起点となることから、アプローチしたいターゲットを自由に選定できるのが大きなメリットです。

特に、経営や収益性が安定した企業をターゲットに選定することで、取引に至った場合には継続的に安定した収益をもたらしてくれる期待が高くなります。

また、収益面だけでなく、自社より知名度や規模が大きい企業と取引することで、自社の成長やブランディングに好影響を及ぼす可能性もあります。


SDRのメリット

SDRはBDRと違い、「すでに何らかのアプローチを行った見込み顧客」に再度アプローチする手法であるため、一定の興味関心を引き出した状態で営業活動につなげられるのが大きなメリットです。

接点のないターゲットにアプローチする際には、自社の概要や商品・サービスの紹介、関係性の構築などあらゆる部分に工数がかかりますが、すでに接点を持った上でアプローチするSDRはより効率的な営業活動が可能です。


アウトバウンド(テレアポ)のデメリット

ここでは、BDR・SDRのデメリットを解説しますので、メリットと合わせて確認しながら特徴をつかみましょう。

BDRのデメリット

BDRは、ターゲットを自由にできる反面、関係性や接点がない状態からアプローチを始める性質上、一件一件の営業活動に時間や手間がかかります。

また、BDRはいきなり営業電話がかかってくる形となるため、相手にとっては迷惑に感じることもあります。

したがって、なるべく無駄なアプローチを減らすために、BDRではターゲットにする企業の選定や戦略立てなど、事前準備にしっかりと時間をかけた上で効率を高める工夫が求められます。


SDRのデメリット

SDRは見込み客にアプローチできるものの、実際には見込み客の興味関心の高さにはバラつきがあるため注意が必要です。

また、事前の仕掛けによって興味関心をあまり引き出せなかった場合は、その後のテレアポなどで再アプローチしても思うような成果につながらない可能性もあります。

そのため、SDRは「事前の仕掛け+その後のアプローチ」がセットであることを踏まえて、広告宣伝の質、興味関心が高いうちにアプローチするためのスピード感などを大切にしましょう。


アウトバウンド(テレアポ)を始める際に必要な準備や期間

アウトバウンド(テレアポ)を始める際に必要な準備や期間を、BDR・SDRそれぞれの手法に分けてご紹介します。

BDRに必要な準備や期間

BDRを始める際に必要な準備を流れに沿ってまとめます。

  1. ビジョンを明確にする(何を目的にBDRを実施するのかを明確化)
  2. アプローチの候補となる対象者(企業)の情報収集や分析を行う
  3. アプローチ企業の選定および優先順位を付ける
  4. 顧客のニーズを事前に仮説として立てる
  5. KPI(目標達成度を評価するための指標)を設定する
  6. テレアポに必要なツールや機器を整備する
  7. 最適な人材を確保・配置する

なお、準備にかかる期間は、実施する企業のノウハウや規模によって異なりますが、0から始める場合は数カ月かかるケースも珍しくありません。

SDRの必要な準備や期間

SDRを始める際に必要な準備を流れに沿ってまとめます。

  1. 事前に仕掛けた展示会や広告宣伝などの内容および結果を把握する
  2. 見込み顧客を整理する(業界や業種、規模、所在地などで分類するのが一般的
  3. 見込み顧客のニーズに仮説を立てた上で、アプローチする優先順位を決める
  4. KPIを設定する
  5. 最適な人員の選定および配置
  6. アウトバウンドに用いる機器やツールの導入


なお、準備期間については、BDRと同じく実施する企業の環境やノウハウによって大きく左右されます。

ビジネスマッチングサービス「アイミツ」とは?

ここまでアウトバウンド(テレアポ)についてまとめてきましたが、見込み顧客の獲得にはビジネスマッチングサービスも有効な手段です。

さまざまなビジネスマッチングサービスが活用されている中でも、国内でトップの訪問者数、17万件以上もの利用実績を誇るとして人気を集めているサービスが「アイミツ」です。

ここからは、ベンチャー企業から大手企業まで、業種問わず幅広く利用されているビジネスマッチングサービス「アイミツ」について紹介していきます。




毎月3,000件以上の発注案件

ビジネスマッチングサービス「アイミツ」には、毎月3,000件以上もの発注案件が寄せられています。

「この案件は自社が受注したい」と思うものがあれば、応募してもらうだけでスムーズにアポイントを獲得できるのが人気なポイントです。なかなかアポイントを取れないとお悩みの場合にはうってつけでしょう。



コンシェルジュが精査した質の高い案件をご提供

毎月3,000件以上もの発注案件が寄せられている「アイミツ」ですが、案件の1つひとつはコンシェルジュによって精査されているのも心強いポイント。

案件の予算や納期、なぜ発注に至ったのか、発注先選定で重視したい項目などといった要望は綿密にヒアリングされているので、より依頼が具体的に固まっている案件のみご案内することが可能です。アポイントの発注確度にも優れています。



アポから受注まで手厚い営業サポート体制

「それだけ発注案件があっても、ちゃんと受注につながるの?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、「アイミツ」ならアポイントの獲得から受注に至るまでまとめてサポートしてもらえるから安心。

1社につき1人の専属サポーターがつき、発注者へのヒアリングや追客なども任せることが可能です。



まとめ

アウトバウンド(テレアポ)には、BDR・SDRの2種類に分類されますが、いずれも効果的にリードを獲得するには専門的なノウハウに基づいた準備・運用が必要となるだけでなく、相当な手間と時間がかかります。

ですが「アイミツ」であれば、コンシェルジュや専属のサポーターによる支援によってアポイントの獲得から受注までスムーズに進みます。効率的にリードを獲得できるビジネスマッチングサービスをお探しなら、ぜひ「アイミツ」を活用してみてください。





アイミツ運営事務局
アイミツ運営事務局
日本最大級のビジネスマッチングサービス「アイミツ」を運営しているアイミツ運営事務局です。SEO対策やWEB広告の運用により発注企業様から月間3000件以上、累計170000件以上の発注相談・依頼をいただき、各相談・依頼に対してご掲載いただいている1000以上の受注企業様の中から適切な企業様をお繋ぎしております。当記事では集客が強みのアイミツ運営事務局が受注企業様に向けて営業・マーケティングに関するお役立ち情報を発信しております。サービス・運営に関するお問い合わせ、取材依頼などは「お問い合わせをする」からお願い致します。

リード獲得・集客のお悩みについて

お気軽にご相談ください